2/17【昨日の社長の話をうけて】

HPのお仕事は価格を自分たちで作らなければならない中で、
お客様の満足度によって価格が高いか安いか決まってくる。

私自身もお金を支払ってセミナーを受けていますが、何を基準に選んだかと思うと、
一番は「悩みを解消してくれそう」と思えたからです。

自分と照らし合わせてみると、お客様も同じだと思いました。

どんなものを作りたいか、今の保険にどんな改善点があるかなど、
悩みをしっかりと聞く力が大切だと思います。

また、形のないものを提供する私たちは、自分は何が得意なのか。
「私はこれができます!」と言える力を、社員のみなさんがつけなければならないと思います。

お客様の悩みを解決するためには、会社として、個人として何が必要か。
①きちんと考える
②実行できるスキルを身につける
③それをしっかりと伝える力
が大事だと思います。

——————————————————————————————————–

まず利益の事を考えるのではなく、
お客様の悩みを解決することが出来るかどうかを大切にして業務に取り組むことで
満足に結びつくと思います。

そのためには、常に学びも大切だと思います。

今は何でも情報がたくさんあり、勉強することは自分の思いでどれだけでもできる。

「情けは人の為ならず」という言葉があります
私は母に、「人のために人が喜ぶことをしておけば自分に返ってくる。」と言われて育ちました。

その言葉を胸に、お客様が満足して喜ばれることは何だろうと知恵をしぼり、それをどう伝えるか考え、お客様と向き合ってきました。

自分が後悔をしないよう、お客様に満足していただける仕事をしてほしいと思います。

本日もよろしくお願いします。

社長語録一覧へ